イチケイのカラス(ドラマ)第7話の見逃し配信やネタバレ・感想は?無料動画フル視聴方法も!

こんにちはKJです!

2020年5月17日(月)よる9時から竹野内豊さん主演ドラマ「イチケイのカラス」第7話が放送開始され、話題になっておりますね!

本ドラマは浅見理都さんのマンガが原作となっており、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)で裁判官を務める主人公・入間みちお(竹野内豊)が自らの足で現場検証を行い、事件を解決していくリーガルエンタメ作品となっております!

第6話のネタバレ・感想を見る

主演の竹野内豊さんに加え、黒木 華さん、新田 真剣佑さんなどキャストも豪華で楽しみです!

そんなドラマ「イチケイのカラス」第7話はフジテレビ系全国ネット放送にて2020年5月17日(月)よる9時より放送となりますが、中には、

  • 仕事や飲み会が入り全てリアルタイムで見ることができなかった
  • もう一度ドラマを視聴したい

といった方もいらっしゃるはず。

そこで今回は【イチケイのカラス(ドラマ)第7話のネタバレ・感想や無料動画・見逃し配信の視聴方法】について調査しました!

動画配信について結論から言うと、イチケイのカラス(ドラマ)はテレビ放送後、FODプレミアムで見逃し配信されております!

※テレビ再放送予定はまだ発表されておりません。

動画配信状況は下記の通りです↓

配信サービス 配信状況 お試し期間
FOD (放送後配信) 2週間無料
hulu 14日間無料
U-NEXT 31日間無料
Paravi 2週間無料
Amazonプライムビデオ 30日間無料

リアルタイムでドラマを見れなかった方や1話から最新話まで視聴したい方はFODに無料会員登録してドラマ「イチケイのカラス」を視聴しましょう!

そして、FODでは初回会員登録が2週間無料なので、ドラマ「イチケイのカラス」を無料で視聴できてしまいます!

2週間の無料会員期間のうちに解約すれば料金は一切かかりません!

他にも話題のドラマや映画、そして漫画なんかもFODでは楽しめちゃいます!

この機会にFODに無料会員登録して、ドラマ「イチケイのカラス」や他の話題のドラマなんかを楽しんじゃいましょう!

登録も簡単ですよ!

イチケイのカラス(ドラマ)を無料視聴するならFODで!会員登録はこちらをタップ!

FODプレミアム無料会員登録方法&解約方法

FODプレミアムの無料会員登録方法について記載します。

まず前提としてはAmazonPayという支払い方法を選択する必要がありますが、Amazonのアカウントを持っている方であれば特に気にすることは無いです。

※Amazonアカウントを持っていない方はAmazonアカウント新規作成画面から名前、フリガナ、メールアドレス、パスワードを入力して登録しましょう!登録は一瞬です。

さてAmazonPayでの無料会員登録方法です。下記はPC版ですがスマホ版も画面表示が少し違うだけで登録方法は同じです。

【フジテレビオンデマンド】サイトから「AmazonPayで今すぐ無料お試し」ボタンを押すと下記の画面が出てくると思います。

ここで登録済みのAmazonアカウントでログインすると「コース/決済ID詳細」画面に遷移します。

この表示が出たらスクロールして「次のページへ進む」を押すと再度Amazonアカウントのログイン画面が表示されます。

もう一度メールアドレスとログイン情報を記載すると下記のような「購入内容」ページが出てくるのでお支払方法を選択して購入確定しましょう!「お支払にAmazonPayを利用する」のチェックを忘れずに!

※上記の「お支払方法」に「新規追加」ボタンしか表示されない方は、「新規追加ボタン」をタップして情報を登録しましょう!

※無料会員登録であれば無料期間と初回料金発生日がお支払方法の上に表示されます。

購入確定を押すと下記の通り購入完了画面が表示されます。

これで登録は終了です!

スマホアプリなどで視聴する場合にはアプリ専用のFOD会員番号とパスワードが必要になるのでメモしておきましょう!

ちなみに「無料会員期間だけど2週間後の料金はかからないか心配」という方もいるかもしれませんが無料期間中に解約すればAmazonPayの履歴でも請求ステータスが「キャンセル」と表示され一切料金はかかりません。

請求済みが0円になっておりますね。無料期間で解約すれば完全無料でドラマを楽しむことができます!

登録は下記からどうぞ!

FODプレミアムに無料会員登録するにはこちらをタップ!
解約方法については別記事で記載しておりますので下記参考にしてみてください↓

イチケイのカラス(ドラマ)第7話のあらすじ

弁護士時代のみちお(竹野内豊)が最後に担当した12年前の東丸電機殺人事件。東丸電機の研究部主任だった被告人の仁科壮介(窪塚俊介)は、被害者である同社の経営戦略部部長・布施元治(中野剛)から研究部門の解体および製造部門への異動を命じられたことが原因で彼と度々トラブルを起こした挙句に撲殺した罪で、無期懲役を言い渡されていた。だが仁科は、判決後も無罪を主張し続け、獄中で命を絶ってしまう。仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していた。その男こそ、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)だった。この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が、東丸電機を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮上していた。

坂間(黒木華)は、仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を訪ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相を明らかに出来ると説得するが、断られてしまう。そんな坂間と入れ違いで由貴を訪ねたのが、みちおの元同僚でもある弁護士・青山(板谷由夏)だった。ふたりの説得が功を奏し、再審請求を決意する由貴。弁護人を務めることになった青山は、ただちに会見を開き、今回の再審請求について公開での審理を求めた。

再審を認める判決を受け、次長検事の中森(矢島健一)と検察官の小宮山(テイ龍進)は、期限の3日以内に「即時抗告申立書」を出すよう、城島(升毅)と井出(山崎育三郎)に命じる。「開かずの扉」と言われる再審請求――その扉は今回も開かないものと思われたが……。 引用 公式サイト

イチケイのカラス(ドラマ)1話~最新話を無料視聴するならFODで!会員登録はこちらをタップ!

イチケイのカラス(ドラマ)第7話のネタバレは?

とうとう12年前の東丸電機殺人事件の決着をつける時が来たみちお。しかし千鶴の思いも虚しく、無実を訴えた被告人の仁科壮介の妹・由貴の再審請求はなかなか始まらず。しかしそこにみちおの古き弁護士仲間・青山が現れます。

彼女の口から出た言葉は、由貴は再審請求をするとの事。驚く千鶴でしたが、千鶴の熱意が通じたといわれます。そして開廷しますが、なかなか事態は進まず改めてみちおの職権が発動。そして調べるうちに真実に段々と近づきます。

そこには城島と井出の協力もあり証拠品に近い物も押収されます。しかし高裁にみちお達の裁判官としての裁判に不服と言われてしまい、次が最後の公判に。そしてみちおが最後にとった決断は、次長検事と日高の出廷。

ですが手を尽くしたみちおの最後の思いも通らず、最後に日高の良心に訴え最後の公判を終えます。しかしそれは日高の作戦。何と次長検事の供述を録音しマスコミに公表。そして本人は辞職と言います。そしてみちおと千鶴に最後に励ましの言葉を残し去ります。

12年前の東丸電機殺人事件の再審請求が行われた。中森達はそれを拒否しようとしたが、城島の行動によって裁判が行われる事となる。

弁護人に入間の古くからの知り合いの青山を迎え始まった裁判だったが、城島の代わりに担当検察官となった小宮山や次長の中森によって、真実に近づくことを邪魔されてしまう。

最終的に日高を証人として呼ぶが、逆に入間は、裁判官失格だと吐き捨てられる。しかしそれは、日高なりの真実を明らかにするための作戦だった。

イチケイのカラス(ドラマ)1話~最新話を無料視聴するならFODで!会員登録はこちらをタップ!

イチケイのカラス(ドラマ)第7話の感想は?

今回は、手に汗握るという言葉がとても似合う回でした。裁判のシーンでは、証拠が出ては消され、証言が出ては難癖を付けて却下され、入間が勝利することはあるのだろうかとドキドキしてしまいました。

最終的に日高に裁判官失格だと言い放たれ、あの入間でも明らかにできない事があるのかと諦めかけたときに、日高の驚きの会見があり、鳥肌が立ちました。敵を欺くには、まずは味方からという事だったのかと感じ、日高は、間違いなく千鶴か惹かれるべき人物だったなと思いました。

やっと再審請求まで漕ぎ着けました。入間の長年の心の蟠りを明らかにする場面です。イチケイのメンバーは12年前のことを綿密に調査しますが良いところまで行ってなかなか状態が好転しませんでした。司法の上層部が関与していたら中々真実を解くことは難しいことだと思います。

もしかしたら現実にもこのようなことがあるのではないかと思ってしまいます。坂間が尊敬している日高は真実を語ろうとはしませんでした。しかし内面はそうではなかったのです。中森から真犯人を聞き出し明らかにし自分は裁判官を辞任する決断はとても素敵でした。凛とした姿が良かったです。

素晴らしい展開でした!正直、みちおが何とか証拠を見つけ出し日高と中森、小宮山に有無も言わせない何かをつきつけるのかと思ってましたがそれでも最後は決定的な証拠が揃わず断念。

流石に無理かと思いましたが、みちおの最後の法廷での訴えが通じたのかもとよりそうするつもりだったのかはわかりませんがまさかの日高の作戦勝ち。とてもカッコいいです。そして千鶴に最後九州弁で喋る所は少し泣いてしまいました。してやられました。

いまさら何なんですか、裁判所は兄の訴えに耳を貸さなかったじゃないですか。私信じてません、裁判なんて。と千鶴ちゃんに言い放った由貴さんの言葉、凄く重い言葉だなと思いました。

兄を失い、世間からも白い目で見られて居場所も無くなって、再審請求したからといってお兄さんが戻ってくるわけではないからしないっていう選択だったのかもしれないけれど、みちおさんとその仲間たちの根気強い執念で勝ち取った無罪判決、天国にいるお兄さんもきっと喜んでいると思います。

入間がずっと心に抱え、苦しみ続けて来た12年前の事件に関しての真相が遂に明らかとなりました。被告人仁科の主張は正しく、被害者を殺害をしていたのが志摩である事が判明しました。ようやく仁科の無念が晴らされて良かったなと感じました。

殺人者の家族というレッテルを貼られて、遺族はどんなに辛かっただろうか。一時は、法廷で全てが明かされなかった事に愕然としましたが、日高が遺族の無念を晴らしてくれました。日高の意外な一面を見て驚きました。

イチケイのカラス(ドラマ)1話~最新話を無料視聴するならFODで!会員登録はこちらをタップ!

イチケイのカラス(ドラマ)第8話の予想展開や見どころは?

次回は、万引き犯が万引き犯を傷付けてしまうような内容だという予告でしたが、どのような流れでそのようになったのか不思議でなりません。ただ、入間が動くということは、違和感があるのだろうなと予想しています。

むしろ、本当に万引き犯対万引き犯だったのか疑問です。もしかしたら、万引き犯だとされる被害者か加害者が実は万引き犯ではなく、二人は顔見知りで、二人の間の個人的なトラブルでの事件だったというオチなのではないかと予想しています。

青山弁護士の出現で坂間の動揺が明らかになりました。裁判官の先輩として入間を尊敬しているのか男性として好意を持っているのかまだ定かではありませんが気になっていることは事実だと思います。

入間は自分のしこりのなっていた事件を解決できて益々裁判官として身が引き締まったと思います。万引き犯対万引き犯の戦いの事件が起こるようです。自分の犯罪はともかく他の人がやるのは許せないということだと理解します。そのような複雑な事件をどのように裁くのかとても気になります。

次回は一人の女性が起こした事件。良くある話の一つですが、一人子育てに追われる主婦がストレスでちょっとうつを患ってしまい暴行や万引きに及んだ・・。

旦那は海外に単身赴任中と言う、孤独が生んだ事件に一件思えますが二つの事件の被告人となりどう絡み合っていく事件なのか意外な展開を期待します。そして研修生が入ってくるという事で千鶴の教える姿が今までどおりなのか少しみちおテイストが入ってくるのかその背中の見せ方に注目ですね。

日高裁判官、最後の最後まで自分の地位と名誉の為に仁科さんの事を隠し続け最高裁判所長菅まで上り詰めるのかと思っていましたし、みちおさんに忖度はしていないと言っていたので、また振り出しに戻るのかと思っていたらまさか味方を欺いて犯人を聞き出し、録音して謝罪会見まで開いて辞任するとは思っても見なかったので驚きました。

裁判所の膿を出し切った日高裁判官。ただ、これだけじゃ終わらない気がします。きっと暴露した事を逆恨みしてトップの人間が何か仕掛けてくるのではないかと思います。

イチケイに傷害事件の起訴状が届くが、その被告人とされていた瀬川は、坂間が担当している窃盗事件の被告人でもあった。瀬川がスーパーで万引きをしているところを目撃した、山寺に対する傷害だった。

この事から併合審理が行われる事となるが、ある事実が明らかとなる。山寺自身も万引きをしており、瀬川はそれを止めようとして相手に怪我をさせていたのだった。瀬川の証言を虚偽とする中、入間は真実を明らかとする為に再捜査を行う指示を出すのだった。

イチケイのカラス(ドラマ)第7話の見逃し配信・無料動画フルをFODで視聴しよう!

今回はイチケイのカラス(ドラマ)第7話のネタバレ・感想や無料動画視聴方法などについて調査しました!

イチケイのカラス(ドラマ)はテレビ放送後FODで見逃し配信予定となるので、視聴したい方はFODに会員登録しましょう!

FODであれば2週間の無料会員期間があり、期間内に解約すれば料金は一切かかりません!

他にもFODではキャスト関連出演作品や話題のドラマ・映画にアニメなども見放題で視聴することができます!

中々太っ腹なサービスですね!

是非、この機会にFODに無料会員登録して、イチケイのカラス(ドラマ)を無料視聴しましょう!

FODプレミアムに無料会員登録するにはこちらをタップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です